兵庫県高砂市の歯科 戸田歯科医院|明るく・楽しく・気軽に相談できるをモットーにしております。

戸田歯科医院
ご予約・ご相談
079-443-7777
〒676-0038 兵庫県高砂市高砂町栄町373-1
診療時間 月・火・木・金 9:00~13:00 15:00~19:00
        土曜のみ 9:00~12:30 14:00~16:00
休診日 水曜日・日曜日・祝祭日
HOME»  虫歯治療

虫歯治療

虫歯ができるまで

虫歯治療

虫歯になる条件というと、
歯質の弱さ・食べかすの量・口の中にいる細菌の量などが挙げられ、これらの条件が揃うと、時間の経過と共に虫歯になっていきます。

虫歯の原因は主にミュータンス菌です。
ミュータンス菌は、食べ物に含まれる糖分を栄養源としており、グルカンという粘々した物質を作り歯に付着します。
グルカンは粘性が強い為、他の細菌がどんどん歯に付着していきます。

それが、「歯垢」と呼ばれるものです。
その歯垢の中の細菌は、糖などがあると強い酸を生み出し、歯の表面のエナメル質を溶かします。
これを「脱灰」といい、虫歯の初期段階なのです。

虫歯になりやすい食べ物、なりにくい食べ物

虫歯になりやすい食べ物 虫歯になりにくい食べ物
 

虫歯になりやすい食べ物

 

虫歯になりにくい食べ物

やわらかくて粘性の高い食べ物は、歯面に付着しやすく、また糖分が多いものは虫歯や歯周病の原因になりやすいと言われています。

また、硬くて噛みごたえがある食べ物を食べると、よく噛むことにより唾液が分泌されます。
唾液は、食べ物の消化と吸収を促進する働きだけではなく、口の中を清潔に保とうとする自浄作用や殺菌作用があります。
また、お口の中のpH(水素イオン濃度)を中和して虫歯になりにくくする緩衝作用があることもわかっています。

虫歯治療(治療方法、詰め物、かぶせ物の種類)

c1

初期の虫歯(C1)の場合

レーザーを使えば、ほとんど歯を削らずに痛みも感じることなく治療できます。
主に歯の色をした、レジン(プラスチック)を詰めます。

c2

初期から中期の虫歯(C2)の場合

無症状で気がつかない人もいますが、治療は歯をすこし削り詰め物を詰めるため、麻酔を必要とする場合が多くなります。
(当院では、自動麻酔注射器を使用しており、麻酔注射の痛みはほとんど感じられません。)

保険治療では、銀色の詰め物(金属インレー)をします。
他に歯の色をしたレジン(プラスチック)を詰める場合もあります。
保険の金属インレーの見た目が気になる方は、歯の色をしたセラミックインレーがあります。保険に比べて治療費は高くなりますが、見た目がとても自然できれいにしあがります。

c3

中期から進行した虫歯(C3)の場合

進行した虫歯(C3)は、虫歯が神経にまで達している状態です。
虫歯の範囲が大きいため、神経をとりのぞく必要がでてきます。

保険診療では、一般的に前歯では歯の色のプラスチック前装クラウン、奥歯は銀色の金属クラウンをかぶせます。
自費治療では、セラミッククラウンがあり、治療費は高価ですが、見た目が自然で大変丈夫なかぶせ物です。

非金属治療

かぶせ物に金属を使わない方法により、金属アレルギーの原因を除去します。
非金属性の材料として、①レジン(プラスチック)系、②セラミック系があげられます。
 
レジン(プラスチック系) セラミック系
 

① レジン(プラスチック)系

 

② セラミック系

長所…操作性が良い。保険で行える。
     小さな虫歯や欠損部分を詰める材料として用いられる。
短所…長い年月がたった時、変色したり、摩耗しやすくなる。
長所…審美性が高く、自然な歯とほとんど変わりがない。
短所…高価である。金属に比べると割れやすい。

お家でのケア、定期健診にて行う予防方法

歯ブラシ フロス 歯間ブラシ
 

歯ブラシ

 

フロス

 

歯間ブラシ

虫歯予防は、第一に正しいブラッシングを行うことです。
磨くときは強くゴシゴシと擦ってはいけません。
鉛筆を持つように歯ブラシを持ち、ソフトにブラッシングするとよいでしょう。

重ねて、フロスや歯間ブラシを使って、歯の間を掃除することも大切です。
その他に、フッ素入りの歯磨き粉を使うことや、キシリトール入りのガムなどを選ぶことも効果的です。

定期健診をオススメします

お家でのケアと共に、定期的に検診に通うことも虫歯予防では重要です。

定期検診で、歯の大掃除をすると、磨き残しによる歯垢や歯石もきっちり除去でき、虫歯になるのを防ぐことができます。
また、虫歯の早期発見を確実にするためにも、半年に一度は定期健診を受けましょう。
定期健診

当院の虫歯治療の特徴

最近保険導入されたものに「CAD/CAM」というかぶせ物があるのをご存知でしょうか?
コンピューター制御でセラミック樹脂の固まりから削り出して、歯のかぶせ物を作るという最新の優れたものです。

これまでは4~5万円かかっていた自費治療でしか出来なかったものが、5~6千円でできてしまうのです。
 

根管治療について

虫歯が神経にまで到達してしまったら、多くの場合、神経を取り除かなければなりません。
そして、神経を取った後の根管(トンネルのようなもの)に薬を詰め込むわけですが、ここで重要なのは、根の先まで完全に神経を取り除き、かつ、根の先まで完全に薬を詰めることです。

これなくして、いかに高価なかぶせ物をしても無意味です。
これはしかし、手先の器用さが物を言う最たるところなのです。

皆さんもここの所に十分注目して頂くといいと思います。

PAGE TOP

HOME