兵庫県高砂市の歯科 戸田歯科医院|明るく・楽しく・気軽に相談できるをモットーにしております。

戸田歯科医院
ご予約・ご相談
079-443-7777
〒676-0038 兵庫県高砂市高砂町栄町373-1
診療時間 月・火・木・金 9:00~13:00 15:00~19:00
        土曜のみ 9:00~12:30 14:00~16:00
休診日 水曜日・日曜日・祝祭日
HOME»  特殊入れ歯

特殊入れ歯

入れ歯でお悩みの方へ

老夫婦

入れ歯はどうしても、ご自身の歯に比べると、違和感や不快感を感じる時があります。
天然の歯に比べると咬みにくい、金属部分が見えてしまったり落ちたりするのが怖くて人前で笑えないなど、入れ歯でお悩みの方は多いと思います。

また、歯ぐきが非常にやせていたり、歯が揺れてしっかりしていなかったりする場合は、金属床の入れ歯でも対処できない事があります。

特殊入れ歯とは、そのような普通の入れ歯では対応しきれない問題を解決できる入れ歯です。

特殊入れ歯のご紹介

通常入れ歯 部分入れ歯 ノンクラスプデンチャー
 

通常入れ歯

 

部分入れ歯

 

ノンクラスプデンチャー

通常入れ歯は硬いプラスチックで作ります。
しかし歯ぐきがやせている方や、歯ぐきが弱い方の場合、プラスチックが歯ぐきに当たることで痛みがでてしまいます。
このような場合、使用している入れ歯を調整するだけでは、痛みはとれません。
入れ歯の床部分を特殊なシリコンゴムにし歯ぐきにやさしい入れ歯を作ることで、痛みを防ぐことが出来ます。

通常、部分入れ歯は残っている歯に、金属のバネをかけます。
このバネで、歯ぐきに食い込むことや、不意に外れることを防ぎます。
金属製のバネなので、前歯に金具がかかる場所が、口を大きく開いた時に、どうしても目立ってしまいます。

ノンクラスプデンチャーは、金具の代わりに特殊なシリコンを使うことで、歯ぐきと色がなじみ、目立たない入れ歯を作ることが出来ます。
金属のバネで歯が締め付けられることがないので、通常の入れ歯よりも不快感が少ないのも大きな特徴です。

入れ歯に関するQ&A

Q 総入れ歯と部分入れ歯の
違いはなんですか?
A 部分入れ歯は歯が残っている場合に使用します。
残っている歯に金具を使用して支え、抜けた歯を補います。
総入れ歯に近い状態から1本だけの入れ歯まで、歯の本数により入れ歯の大きさは大きく変わります。
総入れ歯は歯が全てなくなった場合に使用します。
顎の裏面も覆うような大きな入れ歯のことを指します。
Q 入れ歯の手入れ方法を
教えてください。
A 入れ歯専用の歯ブラシ、または専用の歯ブラシで水を流しながら磨いてください。
落としたり、流しに流してしまったりしないよう、洗面器などに水を張って洗うことをおすすめします。
熱いお湯を使用すると、熱で入れ歯が変形する恐れがありますので、ご注意ください。
当院では、入れ歯安定剤や洗浄剤など販売しておりますので、お気軽に受付までご相談ください。
Q ノンクラスプデンチャーは、
バネが無いのに
外れたりしませんか?
A 土台から歯と歯ぐきを包み込み、安定させますので、動きませんしはずれません。
ガムなど普通の入れ歯ならはずれるような場合でも、ノンクラスプデンチャーならほとんどはずれることはありません。
Q 歯ぐきがやせたら
合わなくなるのでは?
A どんなに健康な人でも、歯ぐきは時とともにやせていきます。
ですので「リベース」というその隙間を埋め合わせる処置法があり、補正することができます。
定期的に、メンテナンスすることが重要ですので、定期検診をお勧めしております。

PAGE TOP

HOME